アートワーク設計

HOME  >  アレイの強み  >  アートワーク設計

基板の構想を具現化するための設計

私たちが考えるアートワーク設計とは、「お客様の構想を目に見える形に具現化させ、美しいパターンを追求すること」です。

そのためには、ご依頼いただいた基板についての仕様を熟知することから始めます。その基板に実装する部品、回路の特徴、基板の用途、ご希望されている特性を把握し、不明な点についてはお客様と話し合いながら理想の形に近づけていきます。試作段階の製造限界値での設計についても、出来る限りご希望に沿える様にレイアウトの提案をさせていただいております。

さらに基板設計の要でもあるパターン配線は、仕様やヒアリングから得られた条件に則り、これまでの経験や実績から培われたノウハウを織り込みながら最適な配線ルートをデザインします。それらが評価のし易さや理想的な回路を形成し「美しいパターン」に結び付くと考えています。

高周波設計への取り組み

近年、通信技術の革新によりGHz帯域を利用した通信機器を使用する機会が急速に増えています。その流れを受け、アレイにも、高周波設計、基板製造のご依頼は年々増えており、約半数近くのお客様が高周波設計を希望されています。
アレイの高周波設計への取り組みは、使用する基板材と層構成から比誘電率を考慮してパターン幅を決定し、伝送線路が最短かつ部品実装を考慮した部品の配置を行っています。

さらに、近年、伝送システムの研究に取り組まれている企業様と共同で、基板上での伝送損失などの評価を行いました。現在は、その結果から得られたノウハウを元に層構成も含めたパターンのご提案をさせていただいております。

今後もGHz帯域に配慮した高周波設計が必要になると思われます。アレイでは、こうした取り組みを通して、設計技術の更なる向上を目指しております。

その他の強み

製品についてのお問い合わせ
  • お問い合わせ
  • 045-319-6832